簡単に二重になれる時代に突入しています|すぐに変身出来る楽々施術

目の美容手術の注意点とは

医者と看護師

回復にかかる時間に注目

二重の整形手術を受ける際に注意したいのが、そのダウンタイムです。ダウンタイムとは回復時間のことであり、これが短いほど早く普段の日常生活に戻ることができます。手術法によってこの時間は違い、埋没法ならば1週間ほど、全切開、部分切開ならば1〜数ヶ月ほどが目安とされています。この期間を経ると、目立つ大きな腫れは引き、メイクでカバーするなど工夫することで、気づかれにくくすることが可能です。まとまった休みがとれる夏休みや冬休みなどに整形手術を受ければ、ダウンタイムにあまり神経質にならずにすみます。ただし完全に組織の炎症がなくなるには、約3〜12ヶ月かかりますので、長期的な視点で施術プランを立てていくことがおすすめです。

手術法別のダウンタイム

二重整形の手術は、埋没法と切開法に分かれますが、それぞれダウンタイムに特徴があります。埋没法はメスを使わず糸を使って行う施術のため、ダウンタイムも短くてすむのがメリットです。腫れがピークとなるのは2〜3日後で、その後は腫れが引き始め、約1週間で目立たない程度になります。切開法は、メスで切り開きますのでその分、ダウンタイムは長めです。部分切開の腫れのピークは埋没法と大体同じ時期ですが、目立たなくなるのに約1ヶ月、二重が完全に定着するまでには約3〜6ヶ月かかります。全切開では、約2〜4ヶ月で腫れが目立たなくなり、定着には最長で1年かかることもあります。二重整形を受ける際は、こうしたダウンタイムをよく考慮したうえで、各自に合った整形法を選んでいきましょう。